テーブルウェアフェスティバル

昨日の東京は季節外れの暖かさだったので今日はよりいっそう寒く感じます。
皆さん、風邪引かないようにお気をつけくださいね。

今年のテーブルウェアフェスティバル・・・終わった話で恐縮ですが。
いつものことながら駆け足で見てきました!

会場に入るといつも「懐かしいなぁ~」という気分になります。
私も出展していた頃は毎年の冬の恒例行事でしたので、
通算で東京ドームにいた時間が長かったからでしょうね。

ここではテーブルコーディネートをたくさん見たい、お買い物を楽しみたいなど いろいろな楽しみ方ができます。
特に私が毎年楽しみにしていることは コンテストの部門1 オリジナルのテーブルウェア(器の制作)です。
部門1はプロフェッショナルとアマチュアに別れて審査されますが
毎年プロはもちろん、アマチュアの方々の作品も力作揃いで感動します。

今年はモノトーンでシンプルながら デザイン性、技術力の高さが際立つ作品に目が留まりました。
c0082921_12472060.jpg

こちらは優秀賞を受賞された兼行誠吾さんの作品。
この写真ではわかりにくいかもしれませんが、カットされた器が釉薬によって浮いているかのように見えるのです。
シンプルなデザインと上品な厚みなのでお料理も映えそうだし、お花を入れても素敵だと思います。

c0082921_1254392.jpg

こちらはアマチュアの方の作品。
練り込みという技法で薔薇を表現しています。これを作るのはとても難しかっただろうなぁ・・・
こちらは何も入れずに飾っておきたいです。

また今年から新しくコンテストの部門1と部門2(テーブルコーディネート)のコラボのコーナーができました。
面白い試みです!
いつも部門1の素敵な器たちを拝見し、「私もこちらの器をお借りしてテーブルコーディネートしてみたいな♪」と思っていましたので・・・今後も楽しみです。
[PR]
by partystyles | 2010-02-10 13:11 | Tableware